「G20後続国民報告大会」来週開催

G20ソウル首脳会議の結果を国民に説明して、高くなった国の品格を維持するためのG20会議 の後続報告大会が来週開かれる。

15日、青瓦台によると、G20首脳会議の後続措置で一種の専門家のフォーラムである「グローバルコリア」ビジョン宣布式(仮称)を開く事にした。行事日程は25日で暫定決まった。

ビジョン宣布式はG20会議の結果を国民に説明することと共にに今後の韓国の役割とビジョンを見せてくれる内容で満たされる予定だ。

また、△開発、金融安全網など韓国の役割が持続的に論議されることができるように徹底的なモニタリング △フランス首脳会議の議題を体系的に準備する組職をさっそく整備・運営など来年フランス首脳会議の準備計画を用意する事にした。

李大統領はこの日、首席秘書官会議でこのような内容の「G20ソウル首脳会議の評価及び後続措置」に関して報告を受けて、「G20ソウル首脳会議はイベント性の行事ではない。一回生の行事ではない。大韓民国が一段階発展する主なきっかけになった」と話した。また、「首脳会議で国の品格が高くなっただけで、韓国が内部的に品格を高めるのが必要だ」と強調した。

さらに、「首脳会議を新しい文化が拡散する機会にする。このために日常の誤った慣習があったら今度の機会に変えなければならない」と 「各分野でどんな誤った慣習を変えなければならないか察しなければならない」と話した。

李大統領はこれに先立つラジオ演説を通じて「ソウルG20首脳会議の成功は国民の成功で、大韓民国の成功だ」と言いながら「これをきっかけに大韓民国があらゆる分野で一段高い水準の国に進むことを希望する」と話した。

李大統領は続いて、G20首脳会議の期間、高い秩序意識を見せた市民ら、会議期間に休業したコエックス周辺の商人などに、「労苦と協力に感謝申し上げる」と謝意を表した。

青瓦台はこれに関してG20首脳会議に参加したボランティアたちを励ます行事を推進中である。

今度のラジオ演説はソウルG20首脳会議と日本の横浜で開かれたAPEC(アジア太平洋経済協力)

首脳会議など日程のため、横浜からソウルに帰って来た専用機内で録音した。

 

Advertisements
This entry was posted in Japnese and tagged . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s